太陽光発電、パネル設置についての注意点

今日のような環境ブーム、また消費節約ムードのなか光熱費を削減でき且つ地球環境に優しい太陽光発電の設置は年々増加しています。このブームのなかとは言え太陽光発電の設置費用は、やはり100万円を超える高額な費用となっています。そこで我々消費者が太陽光発電の購入に際し何が重要かを考えます。まず一般家庭で太陽光パネルを設置すると太陽光パネルで作った電気から生活で使った電気の余りを各電力会社が購入してくれます。例えば今年度東京電力管内では33円での買い取り価格ですが、この買取価格で100万円以上する設備の効果はどうかはっきりと自覚、確認しておく必要があります。また10年以上長期に渡って使用するものなので故障の際の保証を確認しておくことも重要です。以上のことに留意して太陽光パネルを安心して購入するのが大切です。

太陽光発電の設置場所について

数年前から、普及が進んでいる太陽光発電ですが、まだ始まりの頃には、国や、自治体からの補助金制度があり、お陰で恩恵にあやかろうと、設置されたご家庭も有ったように見受けられます。それでも、元々が数百万円と、高額な事も有り、思った以上には、及ばなかったように見受けられます。そして、最近では多少安くなっているようですが、設置の場所につきましては、考える必要があるように思われます。太陽光パネルに関しましては、オーダーメイドになるようで、取り付ける家の屋根などの向きや面積や、屋根材の種類などによって、設置するシステムや、容量なども変わるようです。勿論一番重要な事は、実際太陽が、どれほど当たるかと言う事になると考えられます。ただ、一度取り付けると、売電も出来ますので、長い目で見れば、プラスに転じる事になるかもしれません。

太陽光発電装置の設置個所は屋根だけではない

一般家庭で太陽光発電を導入する場合、設置個所として考えられるのは屋根や庭等です。以前は屋根にパネルを取り付けるのが一般的でメジャーな方法でしたが、最近は日当たりの良い庭や空き地を活用して、屋根に取り付けられる以上の大量のパネルを設置するケースも増えて来ました。空いている土地がたくさんある場合は、屋根を使用した場合に比べるとたくさんの電力を作り出すことも可能です。太陽光発電を一般家庭で導入する際のメリットの一つには、余剰電力の売電収入が挙げられます。より多くの余剰電力が発生すれば、売電収入も大きくなることが期待出来ます。広い屋根がある家庭なら、屋根への設置だけでも充分な売電収入が得られるでしょう。庭や空き地がある場合は、そこにもパネルを取り付けることによって更に高額な収入が得られる可能性が高くなります。新たな太陽光発電の導入方法として、検討してみるのも良いかもしれません。